ごあいさつ

ようこそ、金剛寺本末ホームページへ

このホームページでは、福島県会津若松市の常法談林金剛寺と、金剛寺を本寺とする11箇寺の、計12箇寺を紹介しています。12箇寺の中には、会津高野山として有名な冬木沢八葉寺や、会津三十三観音第19番札所の石塚山蓮台寺もふくまれます。それぞれのお寺については、それぞれのページをご覧ください。

新着お知らせ

金剛寺本末からのお知らせ

【2022/9/20~26】
秋のお彼岸は20日(火)から26日(月)の一週間です。例年通り、本堂の正面から上がってお焼香してから、お墓参りをしてください。お彼岸とは、彼岸、つまり「あちら側の仏さまの世界(密厳浄土)」におられるご先祖さまに、此岸、つまり「こちら側にいるわれわれ」から、良い報告を届けるための特別な一週間です。なぜこの一週間だけが特別なのかというと、春分の日と秋分の日には、彼岸と此岸が最も近くなり、ご先祖さまへの想いが特に届きやすいから、とされます。ですので、春分の日と秋分の日をお中日として、その前後三日間を合わせて、お彼岸と呼んでいます。また、ご先祖さまに届けるべき良い報告は、お彼岸が年に二回であることから、半年分ということになります。半年に一度の特別な機会ですので、ご先祖さまが聞かれたら安心するような内容を、お寺で、墓前で、お焼香の香煙にのせて、それぞれ報告してください。
 上記の理由から、特にお中日(秋分の日)である23日のお参りが最も供養に適しているとされます。ただ、23日(金・祝日)は藩公行列、24日(土)は鼓笛パレードがありますので、交通規制にご注意ください。さらには天候などの都合もありますので、無理せずお参りしやすい日にしましょう。
 なお直前に3連休(17~19)があることから、「3連休中しか子供と来られない」といったご都合もあることでしょう。その場合も、寺務所に一声おかけください。

【2022/8/13-16】
お盆参りとなります。各自、感染予防にじゅうぶん気をつけてお参りください。

【2022/8/12】
今年も金剛寺において新盆供養を行います。該当する方にはすでにお手紙を郵送しています。密を避けるため、午後2時からの部と、午後4時からの部に分かれています。時間変更等のご希望は、電話にてご連絡ください。

【2022/8/1~8/7】
今年も「冬木沢詣り」を実施します。感染予防に各自じゅうぶん気をつけてお参りください。令和4年のチラシ(PDF)をアップしましたので、八葉寺のページからご覧ください(ダウンロードできます)。
なお本年は、開山空也上人の1050年忌にあたります。これに合わせ、八葉寺の開山堂を建立しなおしました。その落慶式が、祭礼中の8/5、9時30分頃より、現地で行われます。その式中、記念の限定散華(120枚)が撒かれますので、ぜひ拾われて、結縁(けちえん=仏さまと縁を結ぶこと)なさって下さい。続けて10時からは、3年ぶりに「空也念仏踊り」が行われます。落慶式について詳しくは、ブログにて。

【2022/7/16】
石塚蓮台寺のお日市祭礼は無事に終了しました。当日は雨も降りそうで降らず、多くのお参りがありました。関係各位に感謝申し上げます。

【2022~2023/6/15】
令和5年(2023)は、真言宗の開祖、弘法大師空海のご生誕1250年に当たります。これを記念して、全国の真言宗寺院において記念行事が行われます。真言宗豊山派に属する金剛寺においては、慶讃のため奉祝五色のぼり旗を立てたり、檀信徒さんらと総本山長谷寺へ登嶺して記念法要に参加するなどの行事を企画しています。奉祝五色のぼり旗の奉納を希望する方は、一報くださいませ。「ねがいごと」を記して、境内にお立ていたします。

【2022/5/28】
冬木沢八葉寺の開基・空也上人(903~972)は、令和4年(2022)、ご入滅1050年の御忌に当たります。当寺ではこれを記念し、老朽化していた冬木沢八葉寺内の「開山堂(空也堂)」と「十王堂(閻魔堂)」を新たに建立することにいたしました。
去る5/25に、まずは「開山堂(空也堂)」の解体を開始し、きたる6/1に地鎮式を行います。本年の冬木沢詣り(8/1~7)に間に合わせる所存です。再建の進捗については随時別ブログにてお知らせいたします。

【2022/5/28】
HPを開設して約一年。この機に、これまでの「新着お知らせ」を、「過去の新着お知らせ」のページに移行しました。「過去の新着お知らせ」はこちら